アクセスカウンタ

<<  2007年6月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
検査遮光率と体感遮光率
検査遮光率と体感遮光率 カーテンではよく1級遮光とか2級遮光とかいう言葉を聞きますよね。 これは一定の光源からどの程度の光をさえぎるかを 厳密に測定して等級を決定する訳ですが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/28 12:20
ちょっとハバかる話
ちょっとハバかる話 カーテンの巾についての話なんですが、、、。 ま〜丈は短かったり長かったりすると不細工なもんなんですけど 巾は結構ファジーな部分があったりするんですわ。大は小を兼ねる的な。 例えばカーテンレールの寸法(巾)が85cmとかの場合、普通はオーダーで 85cmとか5%ONして90cmで注文することが多いと思いますが本当の事を いえば既成品サイズの100巾で十分っていうか全く問題がありません。 そうですね〜、実際巾が70cm〜100cmなら既成の100cmでOKです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/18 16:46
EOとOD
EOとOD 前項のAフック・Bフックなんですが最近の通販サイトではAフックのみの選択しかできない店舗が増えています。主に縫製工場さんが運営しているサイトなんですけどね。 ま〜Aフックはオールマイテイみたいな部分もあるし選択間違いによるトラブルも防止できるしサイト作成の合理化にもなるし、、、ってことなんでしょうけど。 過去の数万件に及ぶ私のEO&ODの受注データーベースから検証してみると厚地の オーダーでBフック指定の割合が90%以上あるんですが。 お客様サイドからみれば、この数字は決して... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/13 10:43
AかBか、、、それは自由だ〜。
AかBか、、、それは自由だ〜。 普通、カーテンにはA(天井付け)フックとB(正面付け)フックの2種類があって選べることになっています。 ところでAフックというのはカーテン本体の総丈とフックから裾までの長さが同じで Bフックというのはフックから裾までの長さより総丈のほうが少し(普通3cm)長いんですわ。 具体的な数字で現すと例えば丈が200cmのカーテンやと Aフック仕様〜総丈=200cm。フック下=200cm。 Bフック仕様〜総丈=203cm。フック下=200cm。 で・・・形状からいってAフ... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/06/11 15:45
2倍・1.5倍・タック・タック
2倍・1.5倍・タック・タック カーテンのタック(つまみ)の数なんですが。 ま〜山の高さ(つまみの大きさ)を小さくすれば数を多く取らなければならない。 大きくすれば数を少なくしないと巾が出ない。さ〜どうつまみませう、、、。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 10:04
2倍・1.5倍・ようわからんバイ。 〜2
2倍・1.5倍・ようわからんバイ。 〜2 正確な資料が残ってないので想像なんですが最初は1間(いっけん≒180cm)の間戸(窓)に 40インチ(約100cm)の生地を左右2枚。今でいう”プレーンスタイル”で吊っていたと思います。そのうちに60インチ(150cm)生地がマーケットに出回るようになってきたのとギャザースタイルとか徐々に多様化してきたんですね。ただこの頃はまだ”タック”っていう形態は出現していません。芯地とかフックとかがまだ商品化されていなかったのとカーテン自体が主にお母さんのハンドメイドが多く製品としての一般販... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/08 09:53
2倍・1.5倍・ようわからんバイ。
2倍・1.5倍・ようわからんバイ。 カーテンの仕様には1.5倍ヒダと2倍ヒダっていうのがありますが。このことについて。 一般的には2倍ヒダ=高級ってことになっていますが・・・ま〜結論的にはコストが1.5倍ヒダよりかかっている(高くついている)という点では間違いではないですけど。私の経験からの独断(偏見?)なんですが決して消費者ニーズから派生した仕様っていうか規格では無いってとこがちょびっとひっかかりがありまして。ついでなんですがこのような仕様があるのは日本だけです。(タックカーテンというデザイン仕様も含めて)。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/07 11:02
カーテン生地〜柄ガラポン〜04
カーテン生地〜柄ガラポン〜04 ジャガード織物のタテ方向の柄リピートなんですが。 ヨコ巾リピートと違って理論上の長さの制限とかはありません。ただ実際上はコストの問題と運用の問題でかなりシビアに制限されます。 紋紙とよばれるパンチカードみたいな穴があいた厚紙をジャガード装置にセットして柄を制御する仕組みなんですけど、そうですね巾10cm位で1カードとか1枚とか呼びます。その1枚が緯糸1本分の制御するいわばデーターです。一般的なカーテン生地ですと(もちろんピンキリありますが)大体緯糸が1インチ間に60本位入ってます... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/05 12:24
カーテン生地〜柄ガラポン〜03
カーテン生地〜柄ガラポン〜03 ジャガード織物の柄リピートなんですが。 先日、経糸本数の話をしたんですけど150cm(60インチ)巾で7800本。 織機の上方にセットしてある”ジャガード”っていう名の装置(そのまんまのネーミングです)で経糸を制御しているんですけども、これについてちょい事情がありましてね。実は本当の意味で制御できるのは10インチ(約25cm)の巾部分だけなんです。で・・・残りはどうしてるかというとクローンっていうかパソコン操作でいうコピー&ペーストを10インチずつ繰り返している訳です。ですか... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/06/04 10:33
カーテン生地〜柄ガラポン〜02
カーテン生地〜柄ガラポン〜02 実際のジャガード織物の柄開発なんですが。 基本になるのは、テキスタイルデザイナーさん等に製作いただいたペーパーデザインです。 一昔前(10年〜15年前)まではそのペーパーデザインをもとに方眼紙みたいな用紙の升目を埋めていく作業(紋図・・・もんず・・・方眼の一マスがタテヨコ交叉の糸1本分)を手作業で行っていました。また図柄の形状だけでなく、どんな織組織(おりそしき)で表現するかという部分に豊富な経験と技を必要として素人には手の出せない領域です... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/03 10:35
カーテン生地〜柄ガラポン〜01
カーテン生地〜柄ガラポン〜01 このことは私だけでなく国内のメーカーさん殆どが多かれ少なかれ遭遇していると思うのですが。 まずマーケットに出回っている売れ筋の柄・デザインをアジア某大陸に持ち込んでコピー商品の生産にはじまり(マーケットに出回っている商品ならばある程度仕方ないっていうあきらめはできるんですけどね)、新柄開発〜試作レベルで見本出ししただけの商品が私が本番生産してマーケットに出すよりも早く”メイド・イン・C・・・”で・・・。 ま〜経費と労力をかけて開発するんが正直アホらしく... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/01 08:28

<<  2007年6月のブログ記事  >> 

トップへ

布っぽい風景 2007年6月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる